• カテゴリー別アーカイブ 洋画
  • アベンジャーズ

    あらすじ

    神々の国アスガルド(Asgard)から宇宙空間に飛ばされたロキは、そこで遭遇した宇宙人種族、チタウリ(Chitauri)のリーダーと地球に侵攻することで手を組む。地上では、国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.長官のニック・フューリーが、部下のマリア・ヒル(Maria Hill)とともに、緊急事態に陥っている研究施設を訪れていた。そこでは、エリック・セルヴィグ博士が研究していた、無尽のエネルギーを秘めた謎の物体、四次元キューブ(Cosmic Cube)が暴走し始めていた。突如、ワームホールが開き、ロキが降臨する。ロキはキューブを奪い、手にしたコズミック・スピアでセルヴィグやクリント・バートン(ホークアイ、Hawkeye)を惑わせ、味方にして施設から脱出する。

    世界滅亡の危機を前に、フューリーはヒーローたちの最強チーム「アベンジャーズ」を召集することを決意する。女スパイのナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ、Black Widow)はインド・コルカタに派遣され、ブルース・バナー博士(ハルク)を連れ戻す。S.H.I.E.L.D.のエージェント、フィル・コールソンは、ニューヨークのスターク・タワー(Stark Tower)を訪れ、トニー・スターク(アイアンマン)にセルヴィグの研究資料を手渡す。フューリーは、70年の眠りから覚めたスティーヴ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)に対して、「世界を救え」と説得する。ドイツ・シュトゥットガルトに現れたロキは、ロジャース、スターク、ロマノフと対峙するが、あえなく降参する。その隙に、バートンはキューブの安定化に必要なイリジウムを盗んでいた。ロキの義兄、ソーはロキに地球侵略を諦めてアスガルドに戻るよう説得するが、スタークとロジャースに従い、S.H.I.E.L.D.の空飛ぶ空母、ヘリキャリア(Helicarrier)の中にある監獄にロキを閉じ込める。科学者のバナーとスタークは、キューブの位置を特定しようとする。

    S.H.I.E.L.D.がキューブを地球外生命体からの攻撃への抑止力として利用しようとしていることを知ったアベンジャーズは激論となり、仲間割れする。その間、ロキに操られたバートンらはヘリキャリアを急襲し、エンジンを爆破し航行不能に陥らせようとしていた。スタークとロジャースは協力して停止したエンジンを再起動させようとする。爆発の衝撃で我を忘れて凶暴なハルクへと変貌したバナーはロマノフを襲うが、ソーが食い止める。バートンはロマノフに倒されて、ロキのマインド・コントロールから解放される。監獄から抜け出したロキは、ソーを代わりに閉じ込めると、コールソンを刺し殺し、ソーを監獄ごと空飛ぶ空母から地上に投げ出し、ヘリキャリアからの脱出に成功する。ハルクはS.H.I.E.L.D.の戦闘機を攻撃しようとして地上に落下する。S.H.I.E.L.D.はコールソンを失ったが、その死をきっかけにアベンジャーズは結束する。スタークとロジャースは、ロキの目的がアベンジャーズの打倒にとどまらず、その威力を見せ付けて地上に君臨することにあることに気付く。ロキは、キューブとセルヴィグが作った装置を使ってスターク・タワーの真上にワームホールを開くと、チタウリの艦隊を呼び寄せ、攻撃を開始する[7]

    反撃するアベンジャーズであるが、チタウリの波状攻撃にてこずる。ロジャース、スタークとソーは、バートンの助けも借りて、ニューヨーク市民を安全な地下に避難させる。再びハルクに変貌したバナーはロキを追い詰め、滅多打ちにする。スターク・タワーの屋上に到達したロマノフは、ロキのコズミック・スピアを使えばワームホールを閉じられることを目が覚めたセルヴィグから教えられる。一方、フューリーの上官たちは侵略を食い止めるためにマンハッタンに核ミサイルを打ち込むことを決定していた。スタークは発射された核ミサイルに飛び乗り、進行方向を曲げてワームホールを通してしチタウリの艦隊へと向かわせる。ミサイルがチタウリの母艦に命中すると、地上ではチタウリの兵士たちが動かなくなった。アーマーのパワー切れでスタークは落下するが、地表に激突する寸前、ハルクが受け止める。ワームホールはロマノフの手で完全に閉じられる。平和な日常に戻り、ソーはロキとキューブとともにアスガルドに戻る。アベンジャーズは再び必要とされる時に必ず戻ってくるとフューリーがヒルに語る。

    主要登場人物のクレジットが流れた後、チタウリのリーダーが別の宇宙人と地球侵略について語るシーンが挿入され、さらに全クレジットが流れた後、アベンジャーズが食堂で黙々とシャワルマを食べるシーンがある。

    キャスト

    括弧内は日本語吹替。

    トニー・スターク / アイアンマン – ロバート・ダウニー・Jr藤原啓治
    スティーヴ・ロジャース / キャプテン・アメリカ – クリス・エヴァンス中村悠一
    ブルース・バナー / ハルク – マーク・ラファロ;ハルクの声:ルー・フェリグノ宮内敦士
    ソー – クリス・ヘムズワース三宅健太
    クリント・バートン / ホークアイ(Hawkeye) – ジェレミー・レナー宮迫博之
    ナターシャ・ロマノフ / ブラック・ウィドウ(Black Widow) – スカーレット・ヨハンソン米倉涼子
    ニック・フューリー – サミュエル・L・ジャクソン竹中直人
    フィル・コールソン – クラーク・グレッグ村治学
    マリア・ヒル(Maria Hill) – コビー・スマルダーズ本田貴子
    ロキ – トム・ヒドルストン平川大輔

    「アベンジャーズ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。2012年8月19日16時(日本時間)現在での最新版を取得。

    Wikipedia』 『画像検索』 『Google検索』 『Amazon検索』 『youtube

     

     

    アベンジャーズ・アッセンブル

     

    ハルクの声をテレビシリーズのルー・フェリグノがしていたのは驚きだ。

    ビル・ビクスビーが生きていたら、デビッド・バナーにはちょっと年をとりすぎだが

    何らかの形で映画超人ハルクのルー・フェリグノのように出演していたかもしれない。

     

     

     

     


  • ロボット

    『ロボット』(原題:Enthiran、英題:The Robot)は、2010年のインドのSFアクション映画。インド映画としては破格の37億円を費やし製作された[1]。
    日本では、第24回東京国際映画祭で上映の後、2012年に劇場公開された。

    あらすじ

    工学博士のバシーガラン博士は、長い時を費やして、チッティという高性能のロボットを作り上げた。 ところが、チッティは人間の感情を理解するがゆえに、バシーガラン博士の恋人・サナに恋をし、博士とサナをめぐって火花を散らした。チッティはサナに振られたうえ、博士に廃棄処分にされる。 その廃棄現場からボーラ博士によってチッティの残骸が回収され、チッティは強力な殺人兵器としてよみがえる。そしてとうとう彼はサナをさらい、自分のレプリカを大量に作った。

    キャスト

    バシーガラン博士/チッティ:ラジニカーント
    サナ:アイシュワリヤー・ラーイ
    ボーラ博士:ダニー・デンゾンパ

    「ロボット」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。2012年8月17日23時(日本時間)現在での最新版を取得。

    上映時間は177分と長い、途中で休憩したいぐらいだ。
    内容はウィキペディアに書かれている通りだが、歌と踊りが随所に入る。(このときに休憩したらいいだろう)
    とにかくおもしろかった、インド映画を今後もみたいと思った作品である。

    Wikipedia』 『画像検索』 『Google検索』 『Amazon検索』 『youtube

    ロボット 完全豪華版ブルーレイ [Blu-ray]


  • スノーホワイト

    あらすじ

    マグナス王と王妃エレノアに育てられた美しいプリンセス・スノーホワイトは外見も心も優しい少女。あの日、スノーホワイトの母が亡くなった後は新しい王妃・ラヴェンナに迎えられた。女王ラヴェンナは野心と凶悪の持ち主で、スノーホワイトの父王を殺されており、国を乗っ取られてしまう。その後、スノーホワイトは7年間の監禁生活を送ることになる。実は女王ラヴェンナは邪悪な魔女であり、自らの魔法の鏡にいつも「世でいちばん美しいは誰?」に問いかけていた。しかしある日、女王ラヴェンナが魔法の鏡がら自分よりも美しい娘が現れた事を知り、あの娘の心臓を食べれば、永遠の美と若さの不死身を手に入れようと画策する。女王ラヴェンナが自分よりも美しい娘が継娘のスノーホワイトと知って、スノーホワイトを殺そうと狙っていた。女王ラヴェンナの計画を知ったスノーホワイトは闇の森へ逃げられてしまう。その後、闇の森に詳しい猟師のエリックは女王ラヴェンナの命令を受けて、闇の森に行き、スノーホワイトの命を奪う。エリックはスノーホワイトと手を組み、スノーホワイトの殺害を放棄したが、一緒にラヴェンナの追跡から逃れられる。この狼狽えた逃亡の中で悟ったスノーホワイトは、ラヴェンナを倒すために抵抗軍を組織し、ラヴェンナと戦う。

    キャスト

    ※()は劇場公開版の日本語吹替キャスト。
    スノーホワイト[5][6] – クリステン・スチュワート(坂本真綾)
    邪悪な女王ラヴェンナ – シャーリーズ・セロン(小雪[7])
    猟師エリック – クリス・ヘムズワース[5][6](椎名桔平[7])
    ウィリアム王子 – サム・クラフリン(浪川大輔)
    フィン – サム・スプルエル(咲野俊介)
    ハモンド公爵 – ヴィンセント・リーガン(大塚芳忠)
    マグナス王 – ノア・ハントリー(西凛太朗)
    王妃エレノア – リバティー・ロス(林真里花)
    鏡男 – クリストファー・オービ(大塚明夫)
    グレタ – リリー・コール(小島幸子)
    ラヴェンナの母 – アナスタシア・ヒレ(勝生真沙子)
    ウィリアム王子(幼少) – ザビエル・アトキンス(園崎未恵)
    フィン(幼少) – エリオット・リーヴ(長良真里)
    アンナ – レイチェル・スターリング(五十嵐麗)
    七人の小人 森の番人
    ビース – イアン・マクシェーン(山路和弘)
    ミューア – ボブ・ホスキンス(大塚周夫)
    ゴート – レイ・ウィンストン(菅生隆之)
    ニオン – ニック・フロスト(茶風林)
    デューア – エディ・マーサン(山野井仁)
    コル – トビー・ジョーンズ(高木渉)
    クワート – ジョニー・ハリス(佐々木睦)
    ガス[8] – ブライアン・グリーソン(魚建)

    「スノーホワイト」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。2012年8月17日23時(日本時間)現在での最新版を取得。

    Wikipedia』 『画像検索』 『Google検索』 『Amazon検索』 『youtube

    スノーホワイト [DVD]


  • あらすじ

    両親を亡くし叔父のベンと叔母のメイの許で育てられたピーターは、ある日自分の父親が残したバッグに隠された資料をみつける。父について知りたいピーターは父の研究者仲間だったコナーズ博士に近づき博士の授業に参加する。しかし単独で行動し侵入した部屋で遺伝子の組みかえられたクモに刺され、博士の下で勉強している同級生のグウェンに追い出される。その帰りの電車の中でピーターは驚異的な力に目覚める。

    翌日、ピーターは博士の家を訪ね、資料にあった式を教えた。その夜、家に着いたピーターはベンとケンカし家を飛び出す。しかし自分を追いかけたベンは自分が見逃した強盗によって殺されてしまう。犯人を捜し出すため彼はクモをモチーフとしたスーツを着てスパイダーマンとなる。

    一方、ピーターの教えた式によって作った薬を博士は自分で実験をする。しかし完成したと思われていた薬は不完全なもので、博士をリザードに変身させてしまう。リザードの正体を博士と知ったピーターは彼を止めようと決意する。
    キャスト

    役名 俳優 日本語吹替
    ピーター・パーカー/スパイダーマン アンドリュー・ガーフィールド 前野智昭
    グウェン・ステイシー エマ・ストーン 本名陽子
    カート・コナーズ博士/リザード リス・エヴァンス 内田直哉
    ジョージ・ステイシー デニス・リアリー 菅生隆之
    ベン・パーカー マーティン・シーン 佐々木敏
    メイ・パーカー サリー・フィールド 一龍斎春水
    ラジット・ラーサ イルファーン・カーン 広瀬彰勇
    リチャード・パーカー キャンベル・スコット てらそままさき
    メアリー・パーカー エンベス・デイヴィッツ 吉田美保
    フラッシュ・トンプソン クリス・ジルカ 石上裕一
    4歳のピーター マックス・チャーリーズ 関根航
    ジャックの父 トロイ C・トーマス・ハウエル 鈴木正和
    ジャック ジェイク・キーファー 阿久津秀寿
    ミッシー・カレンバック ハンナ・マークス 羽飼まり
    受付嬢 ジル・フリント 冨永愛
    影の男 マイケル・マッシー 小島敏彦
    図書館の老人 スタン・リー(カメオ出演) 台詞なし

    「アメイジング・スパイダーマン」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。2012年8月17日23時(日本時間)現在での最新版を取得。

    Wikipedia』 『画像検索』 『Google検索』 『Amazon検索』 『youtube

    アメイジング・スパイダーマン [DVD]


  • アベンジャーズ

    アベンジャーズ
    あらすじ

    神々の国アスガルド(Asgard)から宇宙空間に飛ばされたロキは、そこで遭遇した宇宙人種族、チタウリ(Chitauri)のリーダーと地球に侵攻することで手を組む。地上では、国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.長官のニック・フューリーが、部下のマリア・ヒル(Maria Hill)とともに、緊急事態に陥っている研究施設を訪れていた。そこでは、エリック・セルヴィグ博士が研究していた、無尽のエネルギーを秘めた謎の物体、四次元キューブ(Cosmic Cube)が暴走し始めていた。突如、ワームホールが開き、ロキが降臨する。ロキはキューブを奪い、手にしたコズミック・スピアでセルヴィグやクリント・バートン(ホークアイ、Hawkeye)を惑わせ、味方にして施設から脱出する。
    世界滅亡の危機を前に、フューリーはヒーローたちの最強チーム「アベンジャーズ」を召集することを決意する。女スパイのナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ、Black Widow)はインド・コルカタに派遣され、ブルース・バナー博士(ハルク)を連れ戻す。S.H.I.E.L.D.のエージェント、フィル・コールソンは、ニューヨークのスターク・タワー(Stark Tower)を訪れ、トニー・スターク(アイアンマン)にセルヴィグの研究資料を手渡す。フューリーは、70年の眠りから覚めたスティーヴ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)に対して、「世界を救え」と説得する。ドイツ・シュトゥットガルトに現れたロキは、ロジャース、スターク、ロマノフと対峙するが、あえなく降参する。その隙に、バートンはキューブの安定化に必要なイリジウムを盗んでいた。ロキの義兄、ソーはロキに地球侵略を諦めてアスガルドに戻るよう説得するが、スタークとロジャースに従い、S.H.I.E.L.D.の空飛ぶ空母、ヘリキャリア(Helicarrier)の中にある監獄にロキを閉じ込める。科学者のバナーとスタークは、キューブの位置を特定しようとする。
    S.H.I.E.L.D.がキューブを地球外生命体からの攻撃への抑止力として利用しようとしていることを知ったアベンジャーズは激論となり、仲間割れする。その間、ロキに操られたバートンらはヘリキャリアを急襲し、エンジンを爆破し航行不能に陥らせようとしていた。スタークとロジャースは協力して停止したエンジンを再起動させようとする。爆発の衝撃で我を忘れて凶暴なハルクへと変貌したバナーはロマノフを襲うが、ソーが食い止める。バートンはロマノフに倒されて、ロキのマインド・コントロールから解放される。監獄から抜け出したロキは、ソーを代わりに閉じ込めると、コールソンを刺し殺し、ソーを監獄ごと空飛ぶ空母から地上に投げ出し、ヘリキャリアからの脱出に成功する。ハルクはS.H.I.E.L.D.の戦闘機を攻撃しようとして地上に落下する。S.H.I.E.L.D.はコールソンを失ったが、その死をきっかけにアベンジャーズは結束する。スタークとロジャースは、ロキの目的がアベンジャーズの打倒にとどまらず、その威力を見せ付けて地上に君臨することにあることに気付く。ロキは、キューブとセルヴィグが作った装置を使ってスターク・タワーの真上にワームホールを開くと、チタウリの艦隊を呼び寄せ、攻撃を開始する[7]。
    反撃するアベンジャーズであるが、チタウリの波状攻撃にてこずる。ロジャース、スタークとソーは、バートンの助けも借りて、ニューヨーク市民を安全な地下に避難させる。再びハルクに変貌したバナーはロキを追い詰め、滅多打ちにする。スターク・タワーの屋上に到達したロマノフは、ロキのコズミック・スピアを使えばワームホールを閉じられることを目が覚めたセルヴィグから教えられる。一方、フューリーの上官たちは侵略を食い止めるためにマンハッタンに核ミサイルを打ち込むことを決定していた。スタークは発射された核ミサイルに飛び乗り、進行方向を曲げてワームホールを通してしチタウリの艦隊へと向かわせる。ミサイルがチタウリの母艦に命中すると、地上ではチタウリの兵士たちが動かなくなった。アーマーのパワー切れでスタークは落下するが、地表に激突する寸前、ハルクが受け止める。ワームホールはロマノフの手で完全に閉じられる。平和な日常に戻り、ソーはロキとキューブとともにアスガルドに戻る。アベンジャーズは再び必要とされる時に必ず戻ってくるとフューリーがヒルに語る。
    主要登場人物のクレジットが流れた後、チタウリのリーダーが別の宇宙人と地球侵略について語るシーンが挿入され、さらに全クレジットが流れた後、アベンジャーズが食堂で黙々とシャワルマを食べるシーンがある。

    キャスト

    2010年のコミコン・インターナショナルでの『アベンジャーズ』キャスト勢、ジョス・ウィードン、ケヴィン・フェイグ。
    括弧内は日本語吹替。
    トニー・スターク / アイアンマン – ロバート・ダウニー・Jr(藤原啓治)
    自らが発明したアーマーを使って世界平和を実現しようとする億万長者。父は、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』に登場するハワード・スターク。ダウニー・Jrは『アイアンマン2』、『アベンジャーズ』を含む4つの作品に出演する契約をマーベル・スタジオズと交わした[8]。
    スティーヴ・ロジャース / キャプテン・アメリカ – クリス・エヴァンス(中村悠一)
    第二次世界大戦時に新開発された血清によって人間の限界までに肉体を強化された兵士。エヴァンスはマーベル映画、3作品への出演契約を交わした[9]。
    ブルース・バナー / ハルク – マーク・ラファロ;ハルクの声:ルー・フェリグノ[10][11](宮内敦士)
    ガンマ線を浴びたことにより、怒りや興奮によって怪物に変身してしまう天才科学者。ラファロはマーベルとエドワード・ノートンの交渉が決裂した後に出演が決まった[12]。またラファロによると、これまでのようなCGIではなく、『アバター』のストップ・アクション、ストップ・モーションキャプチャによって自分自身がハルクを演じるのだという[13]。
    ソー – クリス・ヘムズワース(三宅健太)
    アスガルド(Asgard)の雷神。ヘムズワースは複数の映画出演契約を交わした[14]。ヘムズワースとジョス・ウィードンが同じ作品に係わるのは The Cabin in the Woods に続いて二度目である[15]。ヘムズワースによると、『マイティ・ソー』での役作りのために多くの鶏肉、魚、ステーキ、卵を摂取しており、「僕の体重はほとんどタンパク質だよ!」と冗談にした[16]。
    クリント・バートン / ホークアイ(Hawkeye) – ジェレミー・レナー(宮迫博之)
    「世界で最も偉大な射手」として知られている弓の名人[17]。レナーはこの役は非常な身体能力を要求するものであり、身体トレーニングとアーチェリーの練習で出来る限りの準備をしていると述べた[18]。
    ナターシャ・ロマノフ / ブラック・ウィドウ(Black Widow) – スカーレット・ヨハンソン(米倉涼子)
    厳しい訓練を受けたS.H.I.E.L.D.のスパイ[19]。ヨハンソンによると、ブラック・ウィドウは、ホークアイとともにスーパーパワーのない登場人物ではあるが、アベンジャーズの一員であることにかわりなく、紅一点ではあるものの、単なるお飾りではない、戦う登場人物だという[20]。
    ニック・フューリー – サミュエル・L・ジャクソン(竹中直人)
    諜報機関S.H.I.E.L.D.の長官。ジャクソンは『マイティ・ソー』、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』などを含む9作品に同キャラクター役での出演契約を交わした[21]。役作りでは千葉真一が演じた、柳生十兵衛のキャラクターを取り入れた[22]。
    フィル・コールソン – クラーク・グレッグ(村治学)
    さまざまな作戦を監督するS.H.I.E.L.D.のエージェント[23]。グレッグはマーベルと複数の映画出演契約を交わした[24]。グレッグによると、コールソンはアベンジャーズを一致団結させるという重要な役柄を担うことになるという。また、コールソンがキャプテン・アメリカのファンであるという設定はウィードンのアイデアだという[25]。
    マリア・ヒル(Maria Hill) – コビー・スマルダーズ(本田貴子)
    ニック・フューリーと緊密に行動するS.H.I.E.L.D.エージェント[26]。未製作となった『ワンダー・ウーマン』の映画でもウィードンが一度候補に挙げていたスマルダーズは、モリーナ・バッカリンなどを含む数人の候補の中からこの役に選ばれた。彼女は計9本の映画への出演契約を結んだ[27][28]。
    ロキ – トム・ヒドルストン(平川大輔)
    ソーの義弟であり、物語の悪役。北欧神話に出てくる同名の神に由来している[14]。ヒドルストンによると、ロキはワームホールの彼方に消えるという屈辱を通して、前作よりも悪逆さが増したのだという[29]。ロキが抱く野望に関して、実在した独裁者と同じで、人類に彼を崇めさせることによって、争いがなくなり、ある種の平和をもたらすことができると考えており、同時に自尊心を満たすために無限のパワーを追い求めているのだと語った[30]。
    これ以外には、ステラン・スカルスガルド(金子由之)が、『マイティ・ソー』に引き続き、ソーの友人で、ロキに操られて四次元キューブを研究している天体物理学者エリック・セルヴィグ役を[31]、グウィネス・パルトローとポール・ベタニー(加瀬康之)が、『アイアンマン』シリーズに引き続き、スタークの秘書で恋人のペッパー・ポッツ(Pepper Potts)役とアーマーに搭載された人工知能JARVIS(Edwin Jarvis)の声をそれぞれ担当した[32]。

    『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。2012年8月17日23時(日本時間)現在での最新版を取得。

    Wikipedia』 『画像検索』 『Google検索』 『Amazon検索』 『youtube

    マーベル・アニメイテッド・ユニバース【Blu-ray BOX】(期間限定生産)