オレの覚え書きカテゴリ
オレのお気に入り

一眼レフでの撮影はRAWで保存がいいか? 


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2010/7/5 8:37
waruwaru  管理人   投稿数: 142

デジカメで撮った画像はJPG形式で保存されているという頭があったがRAWという形での撮影というのものあるらしい。

JPEGというのは画像の圧縮形式の一つ、つまりデジカメで撮影したときの画像はJPEG形式ですでに圧縮されているということがわかると思う。
それに対してRAWはとったままのデータだから、細部の細かい点まで(完璧とは言えないが)データとして保存されている。

きれいな写真というか、そのままの写真がほしい場合はRAWで撮影したほうがいいようだ。
しかしきれいな分、データ量はJPEGに比べ増えるので撮影できる写真の枚数はJPEGに比べ少なくなる。
また、JEPGはとったデータをそのまま見ることが出来るがRAWは後処理が必要になる。

結局の所、普通に撮影する分はJPEGでいい。今までだってそうしてきたから大丈夫。
ちょっと、どこかに投稿してやろうとか、きれいにとってやろうと場合は、あとが面倒そうだけどRAWがいい。

撮る写真の目的に応じて形式を変えればいいということ。

なお、後処理をするソフトは、デジカメに付いているはずなので大丈夫。

投票数:1 平均点:10.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ

List of goods
スポンサー
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project