• カテゴリー別アーカイブ ローカルでテスト
  • オレの覚え書き » ローカルでテスト
  • myalbum GM をGISエンジンとして利用する 前編

    ・myalbum GM をGISエンジンとして利用する 前編
     
     始めにmyalbumを下記アドレスからダウンロード
     http://xoops.peak.ne.jp/md/mydownloads/singlefile.php?lid=61

     

     ダウンロードはtgz、zip のどちらかを選択
     

     

     保存ボタンをクリックして保存先を指定して保存

     保存したファイルを解凍
     解凍するとmoduleというフォルダが作成されるのでそれをC:\xampp\htdocs\mapへコピー
     上書き保存しますかと聞いてくるので「はい」をクリック。

     次にモジュールをインストール。
     http://localhost/map/を開けてログインし管理者メニューをクリック
     下の画面が表示されるので「モジュールのインストール」をクリック
     

    モジュールのインストール画面が開くのでそこからマイアルバムを探してインストールボタンをクリック(下の画像)
    「モジュールインストールの確認」という画面が開くのでインストールボタンをクリック

     
    「モジュールインストール終了」画面が開く
    ここで一番下の行に「マイアルバム モジュールのインストールに成功しました」と出ればインストール完了。

    マイアルバムのインストールはこれで完了だがこのままだと地図が使えない。
    マイアルバムで地図を使うにはmyalbum GMをインストールしなければならない。

    myalbum GMを下記アドレスからダウンロード
    http://never-ever.info/modules/mydownloads/index.php?page=singlefile&lid=1

    myalbumの時と同じように
    保存
    解凍
    解凍後に出来るフォルダはmyalbumGM その下の htmlというフォルダの中にmoduleがあるので、
    それを先に説明したときと同じようにC:\xampp\htdocs\mapへコピー

    今度はモジュールのインストールではなく「モジュールの管理」画面を開ける
    マイアルバムの所にアップデートのマークが付いてるのでそこをクリック

    インストールの時と同じように「モジュールアップデートの確認」という確認画面がでるので
    アップデートボタンをクリック

    「マイアルバム モジュールのアップデートに成功しました」と表示されれば成功。

    これでGISエンジンなどの必要なものはすべてインストール完了

    とりあえず今回はこれで終了。

    次回は設定について
    設定が終わるとGISとして使えるようになる。
     


  • PHPエラーをオフにする。

    PHPエラーを非表示にする。

    アドレスにhttp://localhost/map/と入力する。

    ユーザー名、パスワードを入力

    前回の設定でPHPのバージョンによるエラー対応は出来ているはず。

    (エラー対応前はログイン後エラー画面が表示されていた為管理画面が開けなかった)

    左のユーザーメニューに管理者メニューが表示されているのでクリック

    「注意:ファイルC:/xampp/htdocs/map/mainfile.phpへの書き込みが可能となっています。このファイルのパーミッション設定を変更してください。

    上のメッセージが表示されるのでmainfile.phpを右クリックしてプロパティを選択、属性を読み取り専用にすればこのメッセージは消える。

    全般設定をクリック

    デバックモードを有効にするというところが「PHPデバグ」になっているのでこれを「オフ」にして下の方にある送信ボタンをクリック

    これで、エラーメッセージは消える。

    次回はmyalbum GMモジュールインストールと設定。

    このモジュールをGISエンジンとして利用する。


  • xoops php-5.3.x での大量エラー (Unknown Condition [8192]: )の対応

    メモの所でも書いたが、設定の説明の前にここにも書いておく。

    xoopsのインストールが完了した後、管理画面へ行こうとすると
    大量のエラー (Unknown Condition [8192]: なんたらかんたら~)がでる。
    これはXOOPSがphpの5.3.Xに対応できていないかららしい。

    最初にこれが出てきたとき困ったがあれこれ探してko-jiya528さんのサイトで対応方法を見つけた。

     

    の行を追加することで対応が出来る。
    この行は当然ながらどこにでも追加してはいけない。

    上のファイルの400行目付近

    ここまで

    /**
    * @public
    * @brief This method is called back by the action search feature in the control
    * panel.
    * @param Legacy_ActionSearchArgs $searchArgs
    * @return void
    * @see Legacy_ActionSearchArgs
    念のため必ずファイルのバックアップをとってから修正。

    とりあえずこれでエラーは消えた


  • XOOPSのダウンロードとインストール

    XOOPSのダウンロードとインストール

    ・  XOOPSのダウンロード

    今度はXOOPSのダウンロード。

    元のシステムをインストールでもいいが、後で必要なモジュールを色々と別のサイトからダウンロードするのはめんどくさいので

    ホダ塾ディストリビューションというXOOPS Cube Legacy2.1をベースにしたパッケージをダウンロードする。

    (自分がするときは個人の好みでご自由に)

    このアドレス  http://www.hodajuku.org/ にアクセスしてダウンロードサイトへ(新規インストール用パッケージZIP形式をクリック)

    ダウンロード開始 (direct linkをクリック)

    画面の指示に従って保存先を指定して保存。

    ・ 次はインストール

    ・ ダウンロードしたファイルの解凍

    ダウンロードしたファイルはZIP形式の圧縮ファイルなので解凍ツールを使って解凍。

    ・ 解凍すると4つのフォルダ、1つのテキストファイルができる使うのは「html」と「xoops_truse_path」の2つのディレクトリ。

    先にインストールした「XAMPP」のディレクトリがCドライブに出来ている。

    その中の「htdocs」というフォルダの中に上の2つのディレクトリをコピー。

    「html」のフォルダ名は、作成するホームページの内容がわかるものがいい。

    ここでは「map」とする。

    これでインストールする準備完了。

    ブラウザのアドレスに http://localhost/map/ と入力。

    インストール画面が開く

    そのまま「次へ」

    そのまま「次へ」

    ファイルのアクセス権のチェック。そのまま「次へ」をクリック。

    ここで、データベース設定の画面が開く。

    データベースサーバ          Mysql

    データベースサーバのホスト名    localhost

    データーベースユーザー名      root

    データベースパスワード        パスワード設定で設定したパスワード

    データベース名             Mysql

    テーブル接頭語             ここでは「map」を使います。

    SALT                  そのまま使います。

    データベース持続的接続       「いいえ」のままで

    XOOPS Cubeへのパス       そのまま使用します。

    XOOPS CubeへのURL       そのまま使用します。

    XOOPS_TRUST_PATH      そのまま使用します。

    入力できれば次へをクリック

    設定内容の確認。 そのまま「次へ」をクリック。

    設定の保存。 そのまま「次へ」をクリック。

    パス・URLのチェック。 そのまま「次へ」をクリック。

    ファイルアクセス権のチェック。 そのまま「次へ」をクリック。

    サーバセッティング。 そのまま「次へ」をクリック。

    サーバセッティングの保存。 そのまま「次へ」をクリック。

    データーベース設定の確認。 そのまま「次へ」をクリック。

    データベースをチェック。 そのまま「次へ」をクリック。

    データベース作成。 そのまま「次へ」をクリック。

    データの生成

    管理ユーザ名、ユーザーパスワード、及びメールアドレスを入力。

    テーマセットはここでは変更せずに、「次へ」をクリック。

    データの生成。「次へ」をクリック。

    インストール第1ステップ終了。「次へ」をクリック。

    ログイン画面

    ユーザー名とパスワードを入力してログインボタンクリック

    下の画面が表示。

    インストールをクリック。(エラーは気にしなくてもいい)

    インストール完了。

    インストールフォルダを削除


  • Mysqlの設定

    MySQLを設定する



     ・ phpMyAdmin の起動をチェック

      webブラウザで http://localhost/phpmyadmin/ を開く

      phpMyAdmin の画面が現れれば起動チェック完了。



      XAMPPをインストールしただけでは、MySQLのユーザrootのパスワードが空欄で設定される

      空欄だとXOOPSをインストールすることができないので、MySQLのパスワード設定を行う。



     ・ 始めにXAMPPセキュリティ画面へ行く。(画面左メニューの中から「セキュリティ」をクリックすればいい。)



      



     ・ パスワード設定画面へ

    (http://localhost/security/xamppsecurity.php をクリック)



        



     ・ パスワードを入力して「パスワードを変更しました。」ボタンをクリック。



      



     ・ 変更完了画面

       下のメッセージが出れば成功です。当然ながらパスワードは忘れないこと。

     

      





     ・ MySQLの再起動

       「Stop」をクリックしMySQLをいったん止めて、「start」をクリックして起動させる。

       これでパスワードの設定は終了。



      



       次回は、XOOPSの設定。




  • XAMPPのインストール

    はじめに言っておくが



       このブログは自分用の覚え書き(メモ程度のもの)であり、間違った解釈もあるかもしれない。

       XAMPPのインストールについては他にも解説しているホームページがあるのでそこを参考にした方がいい。

       このホームページ通りにインストールしておかしくなったといわれてもオレは関知しない。以上!!



    最初にウェブサーバーの環境を作る。

    まずXAMPPをダウンロードしてインストールする。



     ・ XAMPPのサイトを開いてダウンロードする 

       サイトはここをクリック 



     ・ 青の四角で囲ったXAMPPをクリック

       (サイトを開いたら少し下に画面をスクロールすると下の画面が出てくる)

       



     ・ 同じように青で囲ったXAMPP for Windowsをクリック



       



     ・ 同じように青で囲ったXAMPPをクリック(階層が深い)



       



     ・ 自己解凍形式が便利なのでEXEをクリック



        





     ・やっとダウンロード画面がでてきた。 

      青で囲ったdirect linkをクリックするとダウンロードが始まる。



       



     ・ 保存をクリックすると保存先の指定画面がでるので指定してダウンロード。

       (ソフトなどをダウンロードする時に出る画面 見たことがあると思う)



       





    ではXAMPPのインストールの説明に移る。



     ・ ダウンロードしたファイルをダブルクリックで実行。

      下の画面がでるのでinstallボタンをクリックしてインストール。

      しばらく放置



       



     ・ インストールが完了すると下のDOS画面が表示される。

      そこに「Should I add shortcuts to the startmenu/desktop? (y/n): (ショートカットをスタートメニューやデスクトップに追加しますか?)」と聞いてくるので「y」のまま「ENTER」キーを押す。 



       



     ・次に 「Should I locate the XAMPP paths correctly? Should I prceed?(y/x=exit
    setup) (XMPPのパスを正しく直しますか?実行してもいいですか?)」と聞いてくるので、「y」を押してEnterキーを押す。



       



     ・ 「Should I make a portable XAMPP without drive letters? (ドライブレターを除いた持ち運びできるXAMPPを作成しますか?)」と聞いてくる。 「n」を入力してEnterキーを押す。



       



     ・ なんやらいっぱい出てくる、したことをそのまま表示しているだけなので気にせずそのままEnterを押す。



       



     ・ タイムゾーンの設定 そのままENTER



       



     ・ ここでXAMPPの設定

      「start XAMPP Control Pannel」の「1」を選択してEnterキーを押す。



       





     ・ XAMPPのコントーロールパネルが開く

      ウェブサーバーに必要なプログラムはまだ動いていない。

      最初にApacheを起動します。

      コントロール画面の「Apache」の右側にある「Start」を押す。





       



     ・ Apache起動成功、「Running」と表示される。



       



     ・ ブラウザを起動し、アドレス欄に「http://localhost/」と入力。

       XAMPPのページが表示される。

       「日本語」をクリック。

       



     ・ 日本語のページが表示される



       



     ・ これでXAMPPインストール終了。

       このままでは他のPCから見ることが出来るので危険なのでいったんすべてをSTOP。

       

     ・ 他のPCがら見られなくする。

       Cドライブにインストールしたならそこに xamppというディレクトリが出来ているのでここのファイルの中身を

       ちょっといじります。



       修正するファイルは「C:\xampp\apache\conf\httpd.conf」というファイル

       これをメモ帳などのテキストが修正できるソフトで開きます。

       47行目に「Listen 80」というのがある。(バージョンによっては位置が変わる)

       この部分を修正する。



       # Change this to Listen on specific IP addresses as shown below to

       # prevent Apache from glomming onto all bound IP addresses.

       #

       #Listen 0.0.0.0:80

       #Listen [::]:80

       Listen 80

       

       下のようにLlisten 80の頭に#を付けて Listen 127.0.0.1:80という行を追加して保存。



       #Llisten 80

       Listen 127.0.0.1:80

       

       この設定で作ったウェブサーバーは、設定したパソコンでしかアクセス出来ないようになった。

      

       以上でXAMPPの設定完了。



       次回は、Mysqlの設定。



       

       


  • XAMPPとXOOPSを使ったローカルGISを作ってみる

    XAMPP上でXOOPSを動かすことで電子地図上にデータを持たせる方法を紹介しようと思う。
    インターネット上のホームページはwebサーバーというパソコンにインターネット上でプログラムを動かせるのに必要なプログラムがインストールされているパソコン上で動いている。
    AMPP(ザンブ)というソフトはwebサーバーで必要なフリーソフトをパッケージとしてまとめたものでこれをインストールすると自分のパソコン上でインターネットで動くプログラムを動かせることができる。
    XOOPS(ズープス)はCMS(コンテンツマネージメントシステム)のひとつで、ホームページを作成するのに必要なHTMLの知識などがなくても、ホームページを統合的に管理できるシステム。
    この2つを組み合わせると、簡単に電子地図上にデータを関連づけるサイトを作ることが出来る。
    たとえば、旅行先で撮った写真を、とった場所に登録することが出来、そのときの情報も同時に登録できる。
    素人が書いているので毎日は更新できないし、用語の間違いや勘違いなども多々あるかもしれないが、気長におつきあいしていただければと思う。