• カテゴリー別アーカイブ
  • 大川橋蔵

    二代目 大川橋蔵(にだいめ おおかわ はしぞう、昭和4年(1929年)4月9日 – 昭和59年(1984年)12月7日)は歌舞伎役者、のち時代劇の俳優。本名は丹羽 富成(にわ とみなり)、旧姓は小野(おの)。

    柳橋の芸妓の子として生まれ、生後まもなく小野家の養子となる。養父は二代目市川瀧之丞という歌舞伎役者で、端整な顔立ちの富成を役者に育てようと、幼い頃から舞踊を仕込む。のち、知り合いだった四代目市川男女蔵の部屋子とした。
    昭和10年(1935年)11月、市川男女丸を名乗って初舞台を踏む。そのとき舞台を務めていた六代目尾上菊五郎に素質を認められ、以後目をかけられるようになる。昭和19年(1944年)10月には六代目の妻・寺島千代の養子となり、その実家の「丹羽」姓を継ぐとともに、二代目大川橋蔵を襲名した。「大川橋蔵」は、かつて三代目菊五郎がいったん引退した後に舞台復帰した際に名乗った由緒ある名跡である。実子がないので養子(七代目尾上梅幸)をとったら、今更ながらに実子(二代目尾上九朗右衛門)に恵まれてしまったという複雑な家庭の事情をもつ六代目が、この名跡を橋蔵に与えて妻の養子とした意味は大きかった。橋蔵をもう一人の「菊五郎」の継承者候補とすることで、三人の子はより一層の切磋琢磨を強いられることになったのである。
    この頃から六代目は体調を崩しはじめ、晩年はその芸も曇りがちになったが、それでも橋蔵は昭和24年(1949年)7月に六代目が死去するまで一つ屋根の下で暮らしを共にし、音羽屋相伝の芸のみならず、役者として、そして大看板として己がいかにあるべきかを身につけていった。
    六代目亡き後は菊五郎劇団に属し、主に娘役として頭角を現すようになる。菊五郎劇団の女形としては、まず七代目尾上梅幸がおり、次に七代目中村福助が控えていたが、橋蔵はその後に控える第三の地位を占めるようになった。しかし六代目という絶対の後ろ盾を失った橋蔵は、戦後という新しい時代の中で歌舞伎界の前途や自身の将来に不安を感じていた。またこのころ、一足先に大映から銀幕デビューした八代目市川雷蔵が、自分とよく似た境遇にあった橋蔵に映画界入りをしきりに勧めていたという。先だって東映入りした中村錦之助の映画界入りの際のゴタゴタなど当時の歌舞伎界の内部事情も影響し、最終的に映画界入りに際して歌舞伎の世界と縁を切ったが、歌舞伎に対する敬意と愛情は終生持ち続け、映画転向後に自身の一座を組んで舞台公演を行う際には、必ず『お夏狂乱』『鏡獅子』『船弁慶』などの歌舞伎舞踊を中幕に出して観客を喜ばせていた。

    「大川橋蔵」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。2012年8月12日9時(日本時間)現在での最新版を取得。

    Wikipedia』 『画像検索』 『Google検索』 『Amazon検索』 『youtube

    恋山彦 [DVD]


  • 千葉真一

    千葉 真一 (ちば しんいち、JJ Sonny Chiba, 1939年1月22日 – ) は、俳優・歌手・空手家・映画監督・映画プロデューサー・芸能プロモーター。本名 : 前田 禎穂 (まえだ さだほ) 。愛称 : 千葉ちゃん[注釈 1]。アストライア所属。
    日本を代表する映画スターで、海外では Sonny Chiba (サニー チバ) の名で知られている[5][6][7][8]。器械体操・極真カラテ四段・少林寺拳法弐段・スキー・乗馬などの特技を活かした[9][10][11]、アクロバティクなアクション・擬斗・殺陣には定評がある[5][8][12]。吹き替えに頼らず、自らスタントを演じるアクションスターの元祖ともいえる存在で[5][12][13][14][15]、映画・テレビドラマ・演劇・CMと半世紀以上にわたり、幅広く活躍している。
    身長176cm[10][11]、体重60kg[10]、血液型O型[10][11]。ジャパンアクションクラブ (JAC) の創始者。
    「千葉 真一」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。2012年8月6日21時(日本時間)現在での最新版を取得。

    Wikipedia』 『画像検索』 『Google検索』 『Amazon検索』 『youtube

    千葉流 サムライへの道


  • 大塚周夫

    大塚 周夫(おおつか ちかお、1929年7月5日[1] – )は、日本の俳優、声優、ナレーター。本名同じ[1]。
    青二プロダクション所属。以前は劇団東芸、劇団俳優小劇場、芸能座などで活動。東京府出身。身長170cm、体重73kg。
    4歳から新宿区内のダンス教室に通っており、俳優になる前はダンサーだった。戦後は、進駐軍のキャンプで踊っていた。だが両脚の膝関節炎と結核のために俳優へ転向。タップダンスが得意で、今でも時折スタジオや待合室で披露する事もある。
    テレビ放送が開始される以前、ラジオの仕事もなかった頃は、大八車を引いて小学校をまわり、『桃太郎』や『浦島太郎』などの演劇の芝居だけが唯一の仕事だったという苦労が続いた時期があったと語っている。その分、民放ラジオなどでラジオドラマなどの仕事がくると、やっと仕事が出来ると安堵し、嬉しかったと語っている。
    俳優転向後は、その運動神経を活かしてスタントを交えたアクション映画の悪役の仕事に就く。特に丹波哲郎などに殴られて吹っ飛ぶアクションが上手く、殴った丹波が強そうに見えるということで出演を依頼されることが多かった。その折にたまたま映画館で見たリチャード・ウィドマークの凄みのある芝居に惹かれ、その芝居を研究するためテレビ局にウィドマークの吹き替えを担当させて欲しいと頼んだことが、声優業を始めるきっかけとなった。以後、数々の洋画吹き替え、アニメで活躍している。
    声の仕事と平行して、舞台では小沢昭一らとの『しみじみ日本・乃木大将』『国語事件殺人辞典』(どちらも井上ひさし著)などに多数出演。またテレビでは、NHK大河ドラマやフジテレビ系ドラマの常連として知られている。

    「大塚周夫」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。2012年8月6日21時(日本時間)現在での最新版を取得。

    Wikipedia』 『画像検索』 『Google検索』 『Amazon検索』 『youtube

    ゲゲゲの鬼太郎 70’s(6) 1971[第2シリーズ] [DVD]


  • 勝 新太郎

    勝 新太郎(かつ しんたろう、1931年(昭和6年)11月29日 – 1997年(平成9年)6月21日)は、昭和に活躍した俳優。市川雷蔵とともに大映の「二枚看板」として一世を風靡、歌手活動もしていた。また、自らの勝プロダクション時代には、プロデューサー・脚本家・監督(演出家)としても活動した。
    本名は奥村 利夫(おくむら としお)。勝新(かつしん)の愛称で親しまれた。

    「勝 新太郎」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。2012年8月6日21時(日本時間)現在での最新版を取得。

    Wikipedia』 『画像検索』 『Google検索』 『Amazon検索』 『youtube

    兵隊やくざ [DVD]


  • 八名 信夫

    八名 信夫(やな のぶお、1935年8月19日 – )は、俳優、元プロ野球選手。岡山県岡山市出身。血液型B型。悪役商会所属。本名は同じ。
    父の亀億(ひさお)は国鉄岡山駅の助役を退職後、「千歳座」という劇場を経営していた。
    岡山東商業から明治大学に進んだが中退[1]、プロ野球東映フライヤーズ(現:北海道日本ハムファイターズ)に投手として入団。しかし、試合中の怪我[2]が元で選手生命を断たれ、現役を引退した。東映フライヤーズ、北海道日本ハムファイターズOBで組織する『フライヤーズ・ファイターズOB会』のメンバー。
    野球選手引退後、親会社の東映専属の映画俳優となる。俳優転向の理由は、東映本社社長であり、東映フライヤーズオーナーでもあった大川博から、「長嶋茂雄や王貞治に打たれるより、高倉健に撃たれろ!」と言われた事がきっかけとのこと。初めて出演者として名前の出た映画は『遊星王子』。ただし宇宙のギャングという設定で、顔の部分が覆われた衣装だった上、同じ衣装の出演者が複数いたため、映画を見ても自分がどこに出ていたかわからなかったという。[3]
    ギャングや悪党を専門に演じる俳優集団悪役商会のリーダー(会長)。刑事ドラマでのヤクザ・暴力団組長・凶悪犯、時代劇での用心棒・悪徳役人・妖術使いなど多くの悪役を演じた。1990年代、バラエティ番組において「1050回ぐらい殺されたかな~」と悪役を演じ、殺された回数の多さを述懐したことがある。だが、最近は悪役俳優のイメージを脱却し、孫と遊ぶ優しいおじいちゃんの役など個性派俳優としての活躍が目立つ様になっている。
    初めて出演したバラエティ番組は『今夜は最高』。その後、『オレたちひょうきん族』のひょうきんベストテンのコーナーに出演。
    出身小学校の「岡山市立出石小学校」は都市空洞化によるドーナツ化現象で児童数激減の為に廃校。閉校式には自身による講演会が行われた。
    1985年にはアニメ映画『ドラえもん のび太の宇宙小戦争』のギルモア将軍役で声優に初挑戦している。
    駆け出しのころ、宿舎の「八名様」と書かれた自室を開けたら、布団が8組置いてあった(「やな」を「はちめい」と読み違えられた)。
    岡山男の気風を歌う「野風増」を橋幸夫、河島英五らとの競作で自ら歌いレコード化する計画があったが、訳あって断念せざるを得なかった。
    幼少時代から鉄道好きであり、特に蒸気機関車には思い入れがある[4]。
    同郷のプロ野球選手に星野仙一らがいる。星野は大学の後輩でもある。

    「八名 信夫」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。2012年8月6日21時(日本時間)現在での最新版を取得。

    Wikipedia』 『画像検索』 『Google検索』 『Amazon検索』 『youtube

    撃てばかげろう [DVD]


  • 今井 健二

    今井 健二(いまい けんじ、1932年3月31日 – )は、神奈川県出身の日本の俳優。本名およびデビュー時の芸名は今井俊一、旧芸名は今井俊二。
    1955年、ニューフェイス第二期生として東映に入社。同期には高倉健がいて以来交流が続いている。
    東映東京の現代劇作品を中心に、ニュー東映のアクション映画でも活躍した。もともとは二枚目のスター候補で、温厚な青年などを演じていたが、後に悪役・敵役に移行していった。時代劇・刑事ドラマ・特撮・ヤクザ映画など、様々なジャンルの作品でアクの強い個性を発揮した。
    近年は時代劇の舞台公演などで活躍。日本を代表する悪役俳優の一人である。趣味は釣りで1982年に釣りの入門書を著し、その本の推薦文は高倉健が寄せた。

    「今井 健二」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。2012年8月6日21時(日本時間)現在での最新版を取得。

    Wikipedia』 『画像検索』 『Google検索』 『Amazon検索』 『youtube

    ならず者【DVD】


  • 中田 博久

    中田 博久(なかた ひろひさ、1943年3月9日- )は、日本の俳優。本名は同じ[1]。東京都出身。身長176cm、体重78kg[1]。父親は戦前に活躍した二枚目俳優・中田弘二。妻は女優の新井茂子。
    日本大学第二高等学校在学中の1960年、日活のニューフェースとして映画『南海の狼火』でデビュー。その後、日本大学藝術学部に進学し、卒業後の1965年に東映で再デビューを果たす。
    『昭和残侠伝』などの映画で重要な役柄を演じる一方、特撮テレビドラマで主役として活躍。少年探偵団シリーズ『怪人四十面相』での明智小五郎役を経て、1967年には『ウルトラマン』の後番組である『キャプテンウルトラ』に主演。宇宙を舞台に怪獣や侵略者と戦う素顔の等身大ヒーローを演じた。
    1970年代に入ってからはアクの強い悪役を演じる機会が多くなり、時代劇の悪代官や刑事ドラマのヤクザ役の他、特撮でも『仮面ライダーアマゾン』のゼロ大帝、『超電子バイオマン』のメイスンなどの敵役を演じた。近年も舞台を中心に、個性派の悪役として出演を続け、河崎実監督作品の常連にもなっている。
    特技は柔道・殺陣・乗馬・ゴルフ・料理。

    「中田 博久」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。2012年8月6日21時(日本時間)現在での最新版を取得。

    Wikipedia』 『画像検索』 『Google検索』 『Amazon検索』 『youtube

    いかレスラー [DVD]


  • 三船敏郎

    三船 敏郎(みふね としろう、1920年4月1日 – 1997年12月24日)は、日本の俳優・映画監督・映画プロデューサー。本名は同じ[† 1]。
    黒澤明とともに敗戦で打ちひしがれていた日本が世界から尊敬されるきっかけになったと言われることもある[2]。 ヴェネツィア国際映画祭 男優賞を2度受賞し、日本では世界のミフネと呼ばれた。 英語圏では、TheWolfやTheShogunなどと呼ばれた[3]。墨映画『価値ある男』、米映画『グラン・プリ』、『太平洋の地獄』、米ドラマ『将軍 SHOGUN』、仏映画『レッド・サン』などの出演もあり、世界中の映画人に影響を与え、尊敬された(⇒#世界のミフネ・#映画人の評価参照)。
    稼ぎも歴代の日本のスターの中で別格であり、2000年に発表された『キネマ旬報』の「20世紀の映画スター・日本編」で男優部門の1位に選ばれた[4]。
    経営する三船プロダクションは東京世田谷区に大手の映画会社に次ぐ規模のスタジオを所有し、大勢のスタッフを常時雇用していた。
    元俳優で映画プロデューサーの三船史郎は本妻(女優の吉峰幸子)との、タレントの三船美佳は内縁の妻(女優の喜多川美佳)との間にもうけた子供。
    栄典及び称号は、芸術選奨・勲三等瑞宝章・紫綬褒章・川喜多賞・芸術文化勲章・ロサンゼルス市名誉市民・カリフォルニア大学ロサンゼルス校名誉学位。
    ブルーリボン賞歴代最多(6度)入賞者でもある[5][† 3]。

    「三船 敏郎」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。2012年8月6日21時(日本時間)現在での最新版を取得。

    Wikipedia』 『画像検索』 『Google検索』 『Amazon検索』 『youtube

     

    侍 [DVD]