オガ炭

先日、一人「焼肉」、「焼き鳥」用に
「オガ炭」という炭を買った。

買う前にいろいろとインターネットで調べてみると
「火がなかなかつかない」といった内容が
書かれているサイトがいっぱいあった。

でも火は長持ちして
焼き具合もいいというので
買ってみた。

買ったのが下の炭。
「火が付きにくい」ということなので
炭をおこすのに、使ったのが
「竹刀」の竹。

俺の家には割れた竹刀の竹がなぜか大量にある。

これを10センチほどに切断し
「オガ炭」を適当な大きさに折る。
この「オガ炭」というやつは
手で簡単に折れるからいい。

折った「オガ炭」を並べて
立てた真ん中に切った竹刀を数本いれて
バーナーで火をつけて放置。

竹刀の竹は炭になってからも
わりと長い間「いこっている」。

竹刀が燃え尽きた頃
「オガ炭」がいい具合になり始めている。

だが、まだ完全な状態ではない。

そこで、初めに脂が多く火が付きやすい
安い肉を先に焼く

脂がぽたぽたと落ち始めると、
あちらこちらに火が付いて、
焼いている肉は真っ黒になるはずだった

だが、この「オガ炭」はあまり火が大きくならない。
火がついてもすぐ消える。

しばらくすると、いつもより焦げ目の少ない肉が焼けた。

そして普通の肉、焼き具合は抜群だ

ここまで来ても
「オガ炭」はまだまだ使える

俺のところでは最後に
牛肉の塊を焼く

これを残った炭火でじっくりと
しかし、
焼きすぎないように焼いていく

この肉は家族用だ。
最後にみんなに配って
焼肉は終わりとなる。

この時点で
1時間以上は過ぎているが
炭はまだついている。

残った「オガ炭」は火を消す缶に
放り込んで消す。

この「オガ炭」は後日再利用となる。

長くなったが「オガ炭」というか
俺の「焼き肉」の話は以上だ。

ちなみに、俺はイベリコ豚が牛肉より好きだ。

久しぶりに本を買った。

先日、「メンタリストのDaiGo」さんの動画を見た。
「大学時代、これで1億は儲けました。」という動画。
最近は「メンタリストのDaiGo」さんの動画を見ることが多くなってきた。

この「大学時代、これで1億は儲けました。」という動画を見れば
俺が買った本がそんな本なのかは紹介してくれている。

俺が買って読んだ感想
といっても
まだ、すべては読んでいないが

起こったであろう出来事をもとに法則の解説がされている。
読んでいると、その場面が頭に浮かびつつ
解説がすんなりと頭にはいってくる。
2006年が初版が発行だが
古いという感じは全くしない。
今も、また将来も十分使える。

これから読み進めていくが、
いい本だと感じたので
「メンタリストのDaiGo」さんの動画と
この本を
紹介しておく。

xoops

何年か前、俺がもっているホームページはほとんどが「Xoops」。
当時、はじめて使った「CMS」で、モジュールも色々とあって使い勝手が良かった。

今まで、「HTML」でホームページを作ったいた俺にとっては
とてもいいホームページ作成「ツール」だった。

この「俺のホームページ」も当然ながら「Xoops」だった。

しかし「Xoops Cube Legacy」となったあたりから
モジュールの更新等、使いやすくはなったが
なぜか、ホームページの更新はしなくなっていった。

その後「Xoops」は放置したまま、
「Wordpress」でホームページを作るようになっていった。

「Xoops」で作っていた放置していたホームページは閉鎖し
残っていたのは「俺のホームページ」だけとなっていたが
これも先日閉鎖した。

「Xoops」は便利な「ツール」であり今でも使っている人はいると思うが
「Xoops Cube日本語サイト」のフォーラムを見ると以前のような
賑わいはなくなっているように思う。

開発言語も次々と開発され
また、どんどん消えていっているような動きの早い業界で
また新たな「CMS」ができるだろう。

その中で、どの「CMS」が生き残り消えていくかはわからない。
俺としては、その時々で自分に合った「CMS」を使い
それよりも使いやすいものができれば
それに乗り換える。

どんなものでも、今は基本的にはそうなのだと思う。

今の俺は「Xoops」には色々をお世話になり、勉強もさせていただいたが
今自分に合った「Wordpress」でいろいろとしていこうと思っている。




手帳

昔(バブルの頃)は「システム手帳」というのを使っていて、
打ち合わせやスケジュール管理に使っていた。
紙はグラフ用紙や無地など用途によっていろいろな様式があった。

今、俺が使っている手帳は
「測量野帳」というやつだ。
種類はいろいろあるがその中でも「方眼罫」が使いやすい。
表面裏面とも厚手の紙になっていて固いため、
手に持ちながら書いても書きやすい。
また、大きさも胸のポケットに入る大きさなので
使い勝手がとても良い。

そうそう、少し高くなるけど雨の中でも書くことができる防水仕様の測量野帳もある。
いろんな仕事で利用ができそうだ。

Metashape (Photoscan)のマニュアル

Metashape (Photoscan)のマニュアルは「agisoft」のホームページ上にあるが「英語」と
「ロシア語」の2種類しかなく「日本語」のマニュアルはない。
多分、ここに流れ着いた人も同じ手法を使ったと思うが、英語のマニュアルをダウンロードして
「Google翻訳」で日本語マニュアルを作ろうとした。
結果は、意味が分かりにくい翻訳で使い物にならなかった。

そこで、字幕の時と同じように「DeepL」を使ってみた。
これが結構いい翻訳をしてくれる。

翻訳の流れは字幕の時とほぼ同じなので、簡単に書く。

 1.「PDF」を「Word」に変換。
 2. 「Deepl」を使って翻訳。
    (文字制限のため一回ではすべて翻訳はできない)
 3. 「PDF」から「Word」を作って作成したマニュアルは改ページ等の位置のずれ等があるが、
   俺的には、まずまずの仕上がりとなった。
 
 この方法は、あくまでも英語が分からないので個人的に翻訳して使おうという場合に試す方法で
ある。