THE FLASH/フラッシュ

THE FLASH/フラッシュ』(原題: The Flash)は、DCコミックスフラッシュを原案とするアメリカ合衆国のテレビドラマ。

概要[編集]
超人的なスピードを武器に犯罪者と戦うヒーロー「フラッシュ (バリー・アレン)」の活躍を描く。
北アメリカでは2014年10月7日よりThe CWで放送が始まり、The CWのパイロット版としては『ヴァンパイア・ダイアリーズ』に次ぐ初回視聴者数を記録した。2018年4月2日、The CWは第5シーズンへの更新を発表した[1]。
本作は『ARROW/アロー』のスピンオフ作品であり、同作とともにアローバースと呼ばれるシェアード・ユニバースを形成している。
あらすじ[編集]
母親を超常的な存在により殺され、父親を無実の罪で投獄されたバリー・アレンはジョー・ウェスト刑事によって引き取られ、彼の家族と共に育つ。成人したアレンはセントラル・シティ警察英語版)の科学捜査班に入り、コールド・ケース超常現象、最先端科学を学んで事件の真相を探ろうとし始めた。
母の死から14年経ったある日、アレンは高度な粒子加速器の誤動作により発生した雷に打たれ、化学薬品を浴びる。
9ヶ月もの昏睡から目覚めたアレンは超人的なスピードを身につけており、加速器の設計者であるハリソン・ウェルズ博士から「メタヒューマン英語版)」になってしまったと説明される。アレンは特殊能力を得たのが自分だけでないことを知り、彼の秘密を知る仲間たちの協力を得て、犯罪者となったメタヒューマンたちからセントラル・シティ英語版)を守るためにその力を使うことを誓うが……。

ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。2020年8月4日22時(日本時間)現在での最新版を取得。

ドクターフーとの出会いと同じく「HULU」で出会った。
この「フラッシュ」から「スーパーガール」「レジェンド・オブ・トゥモローへと広がっていく。
「ARROW/アロー」に関しては「HULU」では見ることができないためまだ見ていない。

『Wikipedia』
『画像検索』
『Google検索』
『Amazon検索』
『youtube

ドクター・フー

ドクター・フー』(Doctor Who)は、1963年からイギリスBBCで放映されている
世界最長のSFテレビドラマシリーズである。
基本的なストーリーとして一貫しているのは、主人公のドクターと呼ばれる異星人が
地球人の仲間とともに時空を自由に行き来して、旅をする道中で遭遇する、地球や他
の惑星で起こる理不尽な外敵侵略やタイムパラドックスなどを防ぐために奔走すると
いう冒険物語である。「ドクター」とは仮の名前で、本名は明かされていない
(エピソードによっては、本名は地球語では発音できない、という趣旨の説明がされる
こともある)。その背景はエピソードを重ねていくうちに徐々に明かされてゆく。
1989年に一度終了したあと、1996年に単発の特別版を経て、2005年に新シリーズが
スタートし、現在も放送されている。当初は子供向け番組だったが、シリーズ長期化に
伴ってその人気は不動のものとなり、イギリスのポップカルチャーに多大な影響を与えた
番組となった。ロン・グレイナー作曲によるオープニングテーマは放送開始の
BBC Radiophonic Workshop制作バージョン以来、いくつかの別バージョンを
経ながらも、一貫して同じ曲が使われている。
熱狂的ファンのことを「フーヴィアン」と呼ぶ。

ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2020年7月19日20時(日本時間)現在での最新版を取得。

ドクターフーとの出会いは「HULU」を見始めた頃(2015年)で、ドクターフーの
名前は知っていたのでどんなものかなとみてみたのかきっかけで、それからずっと
現在のシーズン12まで見続けている。今回のシーズン12は毎週水曜日に更新がある
ので次回が楽しみだ。
Wikipedia』
『画像検索』
『Google検索』
『Amazon検索』
『youtube

3Dデータを操作できるホームページを見つけました。

参考に貼り付けておきます

操作方法 (掲載ホームページから転載(許可いただいています)

マウスホイールを回すと近づいたり、離れたりできます。
マウスを左クリックしたまま動かすとデータが回転します。
右クリックしたまま動かすとデータがそのままの表示で移動します。

掲載元ホームページ

無くなっていたので取り消し線とした。

なぜかドラキュラ

なぜかドラキュラの真実 anchor.png Edit

 ウィキペディアではローラ北沢(マリアン)が当初から吸血鬼化していると書い 
ているが実際はローラが感染したのはドン小松が現れてから、その前に吸血鬼化(吸
血病に感染)しているのはモスキートの光子、どうやら光子と勘違いしているらしい。
かたせ梨乃がキャストに含まれていないことからも明らかである。
資料が少ないため仕方ないのかも知れない。
  また吸血病の患者の中にも善と悪がいる記述があるが、番組中吸血病患者で悪は存在しない。
悪として出てくるのは吸血鬼になったパン職人のみである。  
このドラマでは銀縁眼鏡のタモリを見ることが出来る。
キャスト
徳丸礼一 タモリ      週刊ロメオ カメラマン
金子いずみ 坂口 良子   金子光明の娘 テレビ局のレポーター
工藤 耕作 田中 健    徳丸礼一の友人
星野 弓子 西尾 麻里   徳丸礼一の死んだ妻の娘 病気で命が危うくなり礼一が血を通わせ命を取りとめる。(9話)
和田 すえ 塩屋 洋子   徳丸家のお手伝いさん
ローラ北沢 マリアン    バー 蝙蝠のママ
片岡 靖夫 山本 紀彦   週刊ロメオ 記者
谷山 五郎 中西 良太   週刊ロメオ 記者
野々村秋子 古館 ゆき
鬼塚 勝利 宍戸 錠    週刊ロメオ 編集長
浅井 光子 かたせ梨乃   キャバレー モスキートのホステス 小松から血を吸われ吸血病になるが、殺された。死体は警察の霊安室に安置されていたが既に吸血病に既にかかっていたため吸血鬼として復活した。
刑事 田川 鈴木 ヒロミツ 徳丸礼一、工藤耕作を追う刑事
小松 勇三(ドン・小松) 原田 芳雄   徳丸礼一の友人 フラワーショップ小松の店主 妻と店員に殺され,廃屋の床に埋められるが、吸血鬼として復活。
小松 道代 冨士 眞奈美   小松の妻
北島            フラワーショップの店員
徳丸 信江 北林 谷栄   徳丸礼一の母  
金子 光明 船越 英二   金子医院の医院長
中西 佳江 あき 竹城   弓子の同級生の母親 焼鳥屋女将
中西 大介 高橋 征郎   弓子の同級生
中西 太郎 黒田 将人   大介の父
白川先生  神保 美喜   弓子の担任
役名不明   堀  勉    週刊ロメオ編集部員
役名不明  梨本 健次郎    週刊ロメオ編集部員
役名不明  吉田 宏靖      週刊ロメオ編集部員
役名不明  松本 奈美子    週刊ロメオ編集部員
あらすじ
 友人3人で海外旅行に行った徳丸礼一、工藤耕作、小松勇三の3人は交通事故に遭い輸血を受ける。
帰国した3人は仕事に戻るが、徐々に昼間はサングラスがなければ外に出ることが出来なく、餃子が食べられなくなる。
金子医院で診察を受けた2人は吸血病ということが判明する。
ある日、小松と親交のあるモスキートの光子が殺され、警察の霊安室に死体が置かれていたが消えてしまう。
金子は3人を輸血したときの血の提供者のパン職人をしらべるが、彼は発狂し人の血をすって死んだという。
金子はパン職人を調べる為、現地へ飛ぶがパン職人の死体は消えていた。
その後、小松勇三が妻と店員に殺され空き家の床下に埋められるがパン職人と同じように死体は消えてしまう。
3人はいろいろな事件に巻き込まれるが、蘇った小松勇三と光子の力を借り、事件を解決していく。

吸血病患者も徐々にふえていき吸血病がおおやけになっていく。 ここまでが1話から10話ぐらいまでの話、後の話はまた後日

 1話 1984/10/08 「発病」    
 2話 1984/10/15 「発作」   
 3話 1984/10/22 「吸血」   
 4話 1984/10/29 「まさか、俺が…!?」    
 5話 1984/11/05 「俺は視た…」     
 6話 1984/11/12 「入りました、ドラキュラ保険」     
 7話 1984/11/19 「決闘!ドラキュラ軍団」    
 8話 1984/11/26 「天国からの電話」     
 9話 1984/12/03 「降ってきた特ダネ!」   
10話 1984/12/10 「噛むのはお止め」     
11話 1984/12/17 「世間に知れた!」   
12話 1984/12/24 「逮捕、脱獄、真犯人…」
13話 1985/01/07 「本物を倒せ!」

注)覚えていることを箇条書きで

1~5話までは吸血病になったことに対しての葛藤や疑問

6~10話ぐらいまでは事件に巻き込まれ吸血病の力で事件を解決

11~13話は吸血病が世間に知れ、恐れられ「本物」が現れ倒すまでの話が描かれている。

娘の弓子が病気で死にかけるが礼一は血を通わせる(吸血)ことで命を助けるが 一生子供のまま(ポーの一族)過ごさなければならなくなる。  また母の信江は礼一が他人の血を吸うなら自分の血を吸えと礼一に血を吸わせる。  ここでいう血を吸うという行為は牙で血を吸う行為ではなく、手を触れることで血を通わすという行為である。

礼一が牙を出すのは「本物」と戦ったときのみである。  工藤は牙を出しての吸血している。  小松は牙を出すということはなく、光子は吸血鬼の力を出すとき牙を出していた。

礼一と「本物」の戦いは「本物」が圧倒的に強く礼一は負けてしまう。

鈴木ヒロミツの刑事はいい味が出ていたと思う。  タモリと坂口良子との掛け合いが面白い、  船越英二が笑いをこらえているのがわかるシーンもあったように思う。

出演者に他のサイトでは初井言榮さんの名があるが出演していたシーンを思い出せない北林谷栄さんと混同しているのではないかと思っている。(未確認)

実はこのドラマは当時全話録画していて、残念ながらある回だけ途中から上書きしてしまい完全ではない
が家のどこかにはある。
ここで使っている画像がそのビデオをデジカメで撮影したものである。ただ、現在は行方不明で500本以
上あるビデオの中から探すとなると大変で、今あるVHSのデッキ(TOSHIBA ARENA)が検索に耐えられる
かという不安もある。
もし見つけることができれば一部分でも紹介できたらと思っている。動画ではむつかしいかな。とりあえ
ずVHSから変換できるキットは購入済みでテストもOKという状態。いつになるかはわからないが気長にお待ちいただければ上のような画質の写真とストーリの紹介くらいはできると思う。


アベンジャーズ

あらすじ

神々の国アスガルド(Asgard)から宇宙空間に飛ばされたロキは、そこで遭遇した宇宙人種族、チタウリ(Chitauri)のリーダーと地球に侵攻することで手を組む。地上では、国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.長官のニック・フューリーが、部下のマリア・ヒル(Maria Hill)とともに、緊急事態に陥っている研究施設を訪れていた。そこでは、エリック・セルヴィグ博士が研究していた、無尽のエネルギーを秘めた謎の物体、四次元キューブ(Cosmic Cube)が暴走し始めていた。突如、ワームホールが開き、ロキが降臨する。ロキはキューブを奪い、手にしたコズミック・スピアでセルヴィグやクリント・バートン(ホークアイ、Hawkeye)を惑わせ、味方にして施設から脱出する。

世界滅亡の危機を前に、フューリーはヒーローたちの最強チーム「アベンジャーズ」を召集することを決意する。女スパイのナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ、Black Widow)はインド・コルカタに派遣され、ブルース・バナー博士(ハルク)を連れ戻す。S.H.I.E.L.D.のエージェント、フィル・コールソンは、ニューヨークのスターク・タワー(Stark Tower)を訪れ、トニー・スターク(アイアンマン)にセルヴィグの研究資料を手渡す。フューリーは、70年の眠りから覚めたスティーヴ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)に対して、「世界を救え」と説得する。ドイツ・シュトゥットガルトに現れたロキは、ロジャース、スターク、ロマノフと対峙するが、あえなく降参する。その隙に、バートンはキューブの安定化に必要なイリジウムを盗んでいた。ロキの義兄、ソーはロキに地球侵略を諦めてアスガルドに戻るよう説得するが、スタークとロジャースに従い、S.H.I.E.L.D.の空飛ぶ空母、ヘリキャリア(Helicarrier)の中にある監獄にロキを閉じ込める。科学者のバナーとスタークは、キューブの位置を特定しようとする。

S.H.I.E.L.D.がキューブを地球外生命体からの攻撃への抑止力として利用しようとしていることを知ったアベンジャーズは激論となり、仲間割れする。その間、ロキに操られたバートンらはヘリキャリアを急襲し、エンジンを爆破し航行不能に陥らせようとしていた。スタークとロジャースは協力して停止したエンジンを再起動させようとする。爆発の衝撃で我を忘れて凶暴なハルクへと変貌したバナーはロマノフを襲うが、ソーが食い止める。バートンはロマノフに倒されて、ロキのマインド・コントロールから解放される。監獄から抜け出したロキは、ソーを代わりに閉じ込めると、コールソンを刺し殺し、ソーを監獄ごと空飛ぶ空母から地上に投げ出し、ヘリキャリアからの脱出に成功する。ハルクはS.H.I.E.L.D.の戦闘機を攻撃しようとして地上に落下する。S.H.I.E.L.D.はコールソンを失ったが、その死をきっかけにアベンジャーズは結束する。スタークとロジャースは、ロキの目的がアベンジャーズの打倒にとどまらず、その威力を見せ付けて地上に君臨することにあることに気付く。ロキは、キューブとセルヴィグが作った装置を使ってスターク・タワーの真上にワームホールを開くと、チタウリの艦隊を呼び寄せ、攻撃を開始する[7]

反撃するアベンジャーズであるが、チタウリの波状攻撃にてこずる。ロジャース、スタークとソーは、バートンの助けも借りて、ニューヨーク市民を安全な地下に避難させる。再びハルクに変貌したバナーはロキを追い詰め、滅多打ちにする。スターク・タワーの屋上に到達したロマノフは、ロキのコズミック・スピアを使えばワームホールを閉じられることを目が覚めたセルヴィグから教えられる。一方、フューリーの上官たちは侵略を食い止めるためにマンハッタンに核ミサイルを打ち込むことを決定していた。スタークは発射された核ミサイルに飛び乗り、進行方向を曲げてワームホールを通してしチタウリの艦隊へと向かわせる。ミサイルがチタウリの母艦に命中すると、地上ではチタウリの兵士たちが動かなくなった。アーマーのパワー切れでスタークは落下するが、地表に激突する寸前、ハルクが受け止める。ワームホールはロマノフの手で完全に閉じられる。平和な日常に戻り、ソーはロキとキューブとともにアスガルドに戻る。アベンジャーズは再び必要とされる時に必ず戻ってくるとフューリーがヒルに語る。

主要登場人物のクレジットが流れた後、チタウリのリーダーが別の宇宙人と地球侵略について語るシーンが挿入され、さらに全クレジットが流れた後、アベンジャーズが食堂で黙々とシャワルマを食べるシーンがある。

キャスト

括弧内は日本語吹替。

トニー・スターク / アイアンマン – ロバート・ダウニー・Jr藤原啓治
スティーヴ・ロジャース / キャプテン・アメリカ – クリス・エヴァンス中村悠一
ブルース・バナー / ハルク – マーク・ラファロ;ハルクの声:ルー・フェリグノ宮内敦士
ソー – クリス・ヘムズワース三宅健太
クリント・バートン / ホークアイ(Hawkeye) – ジェレミー・レナー宮迫博之
ナターシャ・ロマノフ / ブラック・ウィドウ(Black Widow) – スカーレット・ヨハンソン米倉涼子
ニック・フューリー – サミュエル・L・ジャクソン竹中直人
フィル・コールソン – クラーク・グレッグ村治学
マリア・ヒル(Maria Hill) – コビー・スマルダーズ本田貴子
ロキ – トム・ヒドルストン平川大輔

「アベンジャーズ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。2012年8月19日16時(日本時間)現在での最新版を取得。

Wikipedia』 『画像検索』 『Google検索』 『Amazon検索』 『youtube

 

 

アベンジャーズ・アッセンブル

 

ハルクの声をテレビシリーズのルー・フェリグノがしていたのは驚きだ。

ビル・ビクスビーが生きていたら、デビッド・バナーにはちょっと年をとりすぎだが

何らかの形で映画超人ハルクのルー・フェリグノのように出演していたかもしれない。